ガーネット

美しき赤い色

ガーネットは、日本名で「柘榴石」と呼ばれている、1月の誕生石です。

 

英名のガーネットの名称は、形が柘榴の果実の中の粒々に似ていることから、ラテン語で「種子のような」を表わす「グラーヌス(qranatus)」から由来するといわれています。

 

このように地域が違っても、同じ柘榴と呼ばれるのは、この石が美しい深紅の色をしていることにほかなりません。

 

ガーネットの持つ赤い輝きは、ノアの方舟に暗闇を照らす灯火の代わりとして吊り下げられたといわれています。

 

また、中世ヨーロッパでは、その赤い色は、血を象徴するとされていました。

 

戦地に赴く兵士たちの間では、ガーネットを身に付けていると、怪我をせず、生きて戦場から帰還することができると信じられ、お守りとされていたそうです。

希望と実りの石

ガーネットの、丸くてコロッとした原石の形は、つぶつぶの種子を連想させることから、「人生に豊かな実りを与えてくれる石」とされ、
それゆえ、ガーネットは「豊穣」と「多産の石」、「希望の石」とも呼ばれ、古来より崇められ、愛されてきました。

 

豊穣の石としての力として、「実り」をもたらせてくれるガーネットは、地道にこつこつと積み上げてきた努力の成果を実らせる石といわれています。

 

また、この石は、恋の実りをも与えてくれる効果があるので、恋愛成就のお守りとして持つと良いでしょう。

ガーネットの生命力とエネルギー

遥か昔から、ガーネットは血液と関係の深いパワーストーンといわれてきました。

 

血は生命を示すものとされ、ガーネットは、生きることへの強いエネルギーを持つ石だとされてきたのです。

 

 

ガーネットは、持つ人をマイナスな負のエネルギーから守ってくれると言い伝えられていて、古来より、護符として、用いられてきました。

 

指輪やネックレスなど、装飾品として身に付けると、心臓を強化する効果があるとされ、病気を退けるともいわれています。

 

ガーネットは、心と体と両方を活性化させる強いエネルギーを持っています。

 

この石を持つことで、生き生きとした生命力あふれるパワーを手にすることができるでしょう。

ガーネットの情熱

ガーネットは、大きな困難や局面を迎えても、あきらめず、耐え抜く強い心を与え、弱い意志を退け、情熱を持って、成功や勝利に導く力を与えてくれることでしょう。

 

この石は、逃げ出さず、問題に正面から向かっていく勇気を授けてくれるのです。

 

ガーネットは、強い情熱と揺るぎない信念を与えてくれる石です。

 

強い意思をもち、懸命な努力が実ることで、頑張ったことが無駄ではないと教えてくれることでしょう。

 

受験や就職、夢の実現に向かって努力している人、目標をもって頑張ろうと思っている人は身に付けることをおすすめします。

ガーネットの与える愛

中世ヨーロッパでは、ガーネットは「貞節と友愛の石」と言われていて、十字軍の兵士たちが、貞節を守るよう妻に持たせたり、
友情のあかしとして贈りあったりしたといわれています。

 

「忠実」の象徴石とも呼ばれるガーネットは、一途な愛を育み、継続させる力があるといわれています。

 

愛する人と離れ離れになってしまうようなとき、再会を誓った相手に贈ると良いでしょう。

 

愛情をさらに深めるパワーがあるので、大切な人との愛情が変わらないでほしいと願う人におすすめの石です。

ガーネットの持つ身体への力

古代ローマや古代エジプトでは、ガーネットは装飾品としてだけではなく、血行をよくしたり、血止めに効果があるとされてきました。

 

不安や恐怖心を鎮めてくれるパワーがあり、うつ病などによる不眠で苦しんでいる人は、この石を枕の下に入れて寝ると効果的だといわれています。

1ヵ月無条件返品OKの品質に自信をもつ専門店
フォレストブルー
  • 鑑別書あり(無しの製品も取り寄せ可)
  • 天然石一点ものを豊富に展示
  • 付属品:アクセサリーケース
  • サイズカスタマイズ対応